ポップンステップアップ

pop'n music で自分がどこまで出来るのか試してみるBLOGはじめました。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一丁もほどほどに。

初代ポップンのアドベンチャーモードもあと少しで全曲解禁というところまできているので今日もこちらをメインに攻略。
あれやこれやワープさせられながら、どうにかレコード数49枚GETまで到達。残り1枚。ポッパーズレベルも19となり、こちらもMAXレベルまであと1。

あとはレベル20の扉を開けば新しい道が開けるのだが、そのためにはポッパーズレベルを20にしなくてはならない。

ポッパーズレベルを20にするにはポッパーズポイントを2000まで貯めてMZD(ポップンの神様)の試験に合格しなくてはならない。ポッパーズポイントを貯めるには、MAPの各所で通行止めしているキャラとポップンバトルを行い、勝利することで、ポイントが貯まる。

これまでは意識しなくても、通行止めしているキャラと強制的にバトルが発生していたので、レベルアップの必要に迫られれば必要なポイントが都合良く溜まっていたが、ポッパーズレベル20に関しては行ける所を全て行ったはずにも関わらず、ポッパーズポイントが40程度しか残っていない。

残りは自主的にポップンバトルを行い、2000まで貯めるしかない。4キャラと同時バトルを行える場所もあるので、ここで1回バトルしてみたが、もらえたポッパーズポイントが、200程度。この場所で後9回バトルすれば、ポッパーズレベル20にするための試験が受けられる。






ポキッ。

tennneの中で何かが折れる音が聞こえた。今日は。。。。もうここまででいいや。。。。orz

折れた心を立て直し、ポップン2に移行←結局ポップンするのか

毎度毎度の基礎力UP曲コースから。昨日のエントリーでは『fragments』から『白夜幻燈』に移行した方が良いと書いたが、『fragments』はまだ切り捨てるには惜しい譜面のように思い、『白夜幻燈』を追加する方向に変更。

これで基礎力UP曲は『エイプリルフールの唄』『ナタラディーン』『fragments』『白夜幻燈』の4曲だが、今日はどれをやってもパッとしない。

そんな日もあるだろうということで別の曲をやってみる事に。レベル16の中で昨日やっていなかった曲『3・2・1→Smile!』に挑戦してみた。

結果はBad数3。なかなか良い感触だったので高田延彦ばりに「もう一丁」してみた、がBad数が増える。繰り返せば繰り返すほどBad数が増える。最後は気持ちが浮つくほど集中できてないと思ったので高田延彦ばりに高速タップしてしまった(こんなネタ誰もわからんだろう。。。)

これは何が悪いのか考えるまでもなく、集中力の限界を越えているのである。

まず、初代ポップンをやる。目的は曲の解放。成績は二の次。いかに効率よく曲を解放していくかというところが大事で、効率よくさばくために1曲ずつ神経すりへらしながら良い成績を出していくところを求めていては持たない。

つづけてポップン2をやる。こちらは既に全曲解放済み。今は指の精度を上げることを目的としたNo Bad達成を重視して行っている。1つでもBadがでるとその曲はまた最初からはじめなければならないので少なくとも1曲中は集中してミスのないようにしていかないといけない。

気持ちの持ち方も集中のさせ方もまったく異なる初代と2を続けてPLAYした事が失敗。
さらにより集中力が必要な2を後からしたことが大失敗。人間の集中力はそんなにもたない。
集中可能な時間を見極め、その中で練習しなければ、成果は望めない。

初代ポップンも、もうすぐフリープレイに移行し、No Bad達成を狙っていくPLAYになっていくだろうが、そうなるとますます、長時間PLAYはもたなくなるだろう。1日の内、どの曲するかをはっきり決めて質の良い練習を心がけよう。

ということで、今日のエントリーを書いている最中、リラックスしたところで最後にもう1度だけ『3・2・1→Smile!』に挑戦。

3・2・1→Smile!(レベル16)
120815_0105~01
無事、No Bad達成。譜面的にはNormalを発展させた感じ。右緑→右青→右緑→赤の流れは苦戦したので良く覚えている。懐かしいが、今回もミスしがちな箇所でもあった。後は左青と左緑の同時押しというなかなか出てこないパターンもあったが、1曲中1回しか出てこないので練習曲に組み込むには躊躇してしまう。

やはり集中力は大事な要素。ゲーセンでやっている人達は1PLAYで交代というマナーもあって、短時間、超集中というものが身についているのだろうなぁ。

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

tennne

Author:tennne
DIVAで音ゲーに開眼して、ポップンに魅了された者です。下手なりに上達していく様を書いていければと思っています。スローペースでやっていきますのでよろしくお願いします。

このブログの成分らしきもの
★Ranking 参加中です★
ブログランキングならblogram
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
★なんとなく参加してるトコ★



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。