ポップンステップアップ

pop'n music で自分がどこまで出来るのか試してみるBLOGはじめました。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低レベル曲を使った練習方法

一進一退を繰り返す日々、今日はNo Bad達成というご褒美はおあずけ。

この辺りで新しい刺激を取り入れるしかない。そう思い、レベル14も練習していくことにした。

難度が増して全くできなかったので、下のレベルでもっと上達してから挑もうとしていたが、そんな事はどうでも良くなってきた。

「できないからできそうになるまでやらない」、のではなく、「できないからできるようになるまでやる」

過去に苦しんできた曲達もそうやって乗り越えてきた。今回もできるはず。

そうして挑んだ『BRE∀K DOWN!』を初クリア。Badはまだ40程あるが、昨日までできていなかった譜面をクリアできた。これだけで今日は十分。また明日、今日より少しだけ上達していればそれでいい。

わかりやすい成果が出にくくなったことで焦りだしていたが、目の前の壁を楽しむ余裕を持たなければ。
そう思い直し、明日からできないレベル達もどんどんやる事にした。

もう1つ、低いレベルについて、No Bad達成曲はほとんどやっていない。レベル12は例外的にやっているが、何か有効でモチベーションを保てる練習方法を考えていた。

Perfect狙いも良いが、高レベルの譜面に生きてくるかと言われると疑問が残った。
そして考えた結果、通常より高いHI-SPEEDの設定で練習する事を思いついた。

過去のエントリーでも何度か書いたが、普段はBPMと掛けて500~600位の値になる倍率で設定している。

これより高い設定にして、ポップ君の落下速度に耐性をつけたいと考えた。

この練習により、通常練習曲の落下速度に反応しやすくなるのではないかという思いと、将来、もっと難度の高い譜面を行う時、500~600ではポップ君の密度が高くなりすぎる恐れがあり、HI-SPEEDを上げざるを得ない場面が発生するかもしれない。その時に楽に移行できるように今から準備しておきたい。

そういう事でHI-SPEED練習用のエントリーを作成した。これからはこのエントリーも日々更新していきたい。

-----2012.10.01追記-----
現在、必要以上にHI-SPEEDを付ける事が必ずしも良い結果になるとは限らないと思っているので、更新を止めています。
BPMに幅のある曲等は遅い速度にも慣れる必要があり、HI-SPEED感覚でボタンを押しているとGood、Bad判定になりやすい為です。
ただし、この考えは個人的なものであり、HI-SPEED練習が必要と感じる方もいらっしゃるかも知れません。
必要と感じられた方は、書きかけではありますが、上記エントリーも参考になさってください。
------------------------


★今日のトイコン
今日はここまで書いた時点で集中力がきれてしまったので、やめておきます。。。

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

tennne

Author:tennne
DIVAで音ゲーに開眼して、ポップンに魅了された者です。下手なりに上達していく様を書いていければと思っています。スローペースでやっていきますのでよろしくお願いします。

このブログの成分らしきもの
★Ranking 参加中です★
ブログランキングならblogram
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
★なんとなく参加してるトコ★



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。